Pana-Works (パナ・ワークス )| 音声コンテンツ企画・制作・出演

沖縄を拠点に活動するフリーアナウンサー諸見里 杉子の事務所、パナワークス。
沖縄県内で活動するフリーランスのチームパナワークス(pana works)のホームページです。
沖縄を拠点に活動するフリーアナウンサー諸見里 杉子の事務所、パナワークス。 沖縄県内で活動するフリーランスのチームパナワークス(pana works)のホームページです。

NEWS

パナワークス的2010年重大ニュース

ああ、2010年も残す所あと2日となりましたね。
年内に大掃除が完了するか心配なモロミザトです。

1年の締めくくり、来年へつなげる為に「パナワークス的2010年重大ニュース」をあげてみたいと思います。

まずは「朗読コンサート 料理沖縄物語の開催」
モロミザトの芸歴?職歴?20周年だったのです。
大平透さんの声優ゼミナールに通いつつ、セミプロとして仕事を始めたのが20歳の頃。
大平さんの直接指導から技術面だけでなく、精神的、人間的にも学ぶ事が多かったです。
それから沖縄に戻り、しゃべりの仕事をしていますが、その時の事が私を支えています。
新しい自分となるべく、シアターテンカンパニー(仮称)の田原氏に演出を請い、実施。
表現者としての課題も多く感じましたが、生きている限りあきらめずに努力したいと強く感じた朗読会でもありました。
田原氏始め、実施に力を貸して下さった皆様、会場に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

「新聞紙面に寄稿」
沖縄タイムスのほーむプラザと、ダーヴァへ寄稿する機会をいただきました。
ほーむプラザは本の紹介で、『料理沖縄物語』を取り上げました。
現在、絶版となっている本ですが、多くの方に知っていただきたい1冊ということで、あえて紹介しました。
掲載後、図書館でさっそく借りて読んだという話もあり、嬉しい限りです。
ダーヴァはラジオ局紹介のコーナーでした。
12月はタイフーンfmの担当で、私を含め4人がタイフーンの放送について紹介。
NPOヒトワクと、CSRヒトワクについて紹介できたのはありがたかったです。

「プラネタリウムナレーション」
現在整備が進んでいる、那覇の新しい公民館に併設されるプラネタリウムのナレーションを担当しました。
宇宙について詳しくはありませんが、夜空を見上げると癒されたり、夢を感じる事があります。
プラネタリウムも好きな空間。
そんな空間に携われた事は嬉しい事です。
完成が楽しみです。

「マブヤーデビュー?」
琉神マブヤー2の1回目の放送に声だけ出演!
ひょんな事から出演となったのですが・・・ちゃんと紹介していただいたようで・・・
みなさん、注目の番組だけに楽しい経験でした。

「浦添市美術館 前期・後期常設展ナレーション」
琉球漆器を中心にコレクションしている浦添市美術館の常設展示のナレーションです。
前期・後期それぞれにテーマを設けています。
展示の切り口の面白さに、ナレーションをつけていて興味をひかれました。

「チャリティーミュージックソンでフルート」
今年も懲りずにへっぽこフルートを披露してしまいました・・・
いえ、これがあるからお稽古をしているといっても過言ではありません・・・
おかげで今年は1人ではありましたが、放送事故にならない演奏ができたかと・・・思います。
来年はさらなるレベルアップを誓いたいと思います。

「やらムスメと仕事」
ヒューマンの卒業生が、私の担当する番組のディレクターに!
1日だけではありますが、面白いな〜って思います。
ちゃんとしないとね・・・

「おくはまムスメが来る」
こちらもヒューマンの1期生。
縁あってパナワークスに来る事になりました。
ウチのお抱えタレントというのではないのです。
2人でこけつまろびつって1年でした。
そんな2人をいろんな方が助けて下さり、多くの方にチャンスをいただきました。
ありがとうございます。
おかげさまで「活躍する先輩」なんて感じで、学校から取材を受けたり・・・
しかし、ムスメはモロミザトの鬼のような現場によくぞついて来れた・・・というのは驚き。

その他、いろんな事がありました。
これも私の存在を認めてくれている方がいるからこそ。
みなさんのお役に立てるような放送、ナレーションを心がけていきたいと思います。
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

諸見里杉子


Copyright © 2010-2015 Pana-Works,All rights reserved.